How about Cables RSS



ケーブルの比較と選択のポイント〜ギターに合わせたシールドを使う

ケーブルとギターの相性がある エレクトリックギターそのものの音はアンプによって増幅された音として認識されます。そのため、音作りを考える場合はアンプはもちろんエフェクターなどの要素も視点として外すことはできません。 多くのプロフェッショナルなギタリストの場合はサウンドについてそれぞれの考えを持っています。緻密に積み上げていくように自分のサウンドを生み出すプレイヤーもいれば、出てきた音から自らのピッキングなど演奏も含めて微妙にアジャストしていくタイプまで様々です。 二つの両極端なタイプを例に挙げましたが、どちらも「音にこだわっている」という点では共通しています。 そして結局、どちらも自分の思い描く理想の音を作ろうとしているという点も同様です。 サウンドメイクをギターそのものという点で考えていくと、木材やボディの構造、ネックの接続、ピックアップなどさまざまな要素があります。そして、それぞれの相性などもあり、総合的な要素でギターが出来上がっています。この点においてはエレクトリックベースでも同様のことが言えます。 そしてギターケーブル(シールド)もサウンドの基本に影響を与える要素となります。こうした楽器そのものの要素に対して、シールドは見落とされがちですが、実際に聴き比べると「実逃せない問題である」と気づくことができます。 現実的な問題として、アンプは持ち運べない環境にあるプレイヤーも少なくありません。そうなるとシールドの要素もあまり無視できない問題になってきます。 ケーブル選びのポイントは自分の好みにしっかりと合わせることが重要です。そして難しいのは使っているギターによって、一般的にそのケーブルに対して言われている要素が引き出せなくなったり、別の表情を特徴として見せることがあるというところもポイントです。 ケーブルのもう一つの影響はプレイヤビリティに影響するということです。「初心者だから」と音質劣化の多いケーブルを使うことで、本来はもっと楽に引けるはずの楽器が弾きにくくなるということは十分に起こりえます。 当然、そのあたりの変化がケーブル選びの面白さでもありますが、多くのギタリストはそうしたポイントを「問題にしたくない」と考えていると思います。 単純に「良い」「悪い」ということを語ってしまうと選ぶ楽しみや、隠れた魅力をユーザーのみなさんが見落とすことにつながり、可能性をそこで失うことにもつながりますので、そうした評価をせず、求めるサウンドに近いケーブルを探す助けになることができればとここで解説していきたいと思います。 そのため、ここではざっくりと選択時のガイドラインとしてそれぞれのケーブルについて比較して説明します。 それぞれのイメージと実際  ケーブル選びで話をややこしくしているのは、ブランドそれぞれのイメージです。これは実際に比較をしてみるとびっくりするようなことがあるくらいイメージに左右されてシールドを使っていることがあります。 よくある売り文句としては「これはフラット」「明るい」「太い」などの売り文句を各メーカーは打ち出します。しかしこれには限界があります。 こうしたことの起こる問題はケーブル自体ではなく別にあったりもします。 「エレキギター」 と大きく刻んでしまうことで結果的に宣伝文句の通りにならないことがあるからです。 つあり使うギターがレスポールなのか、ストラトキャスターなのか、テレキャスターなのか、といった問題で大きく印象が変わってしまうというのが実際のところです。もちろんソリッドボディだけでなく、セミアコやフルアコ、フラットトップかアーチトップかといった問題もあります。 まず音作りの基本としてはミュージシャンがそれぞれ特定のギターに対して要求するサウンドがあるので、そうした要求を満たす必要があります。 そしてこのことは別の循環を生み出します。つまり、適したケーブルでないために、「一般的に良い」とされるシールドを使ってしまうことで、「自分には違いがわからない」「どれも同じ」といった誤解のもととなっているのです。 また、高品質をうたうケーブルが必ずしも楽器演奏向きではない場合もあります。ほどよく減衰があるほうがピックアップで拾う場合はプラスに働くほうが多いです。これはマイクの種類が豊富なことを想像すれば用意にわかります。すべての帯域について減衰がなくパワフルであったとしても、弾きにくくなれば意味がありません。 これはベースでも同じことがいえます。むしろベースのほうがややこしいかもしれません。弾き手によって求めるサウンドの違いが大きく異なるからです。指で弾くのかピックなのかという問題だけでなく、指やピックであっても、どういったサウンドを生み出そうとして演奏しているのかを考えると「ベース用」と販売者が括ることの怖さは計り知れません。 実際のところ、世界中のメーカーの中から自分のギターにあったシールドを選ぶのは非常に困難な作業です。また価格も必ずしも判断要素にならない場合があります。手の混んでいる構造を持たせれば価格は高くならざるをえません。 本当のところは自分の好みのセッティングで自分のギターで鳴らしてみる以外に完全なる正解を導くのは困難といえます。 そこである程度はセッティングなどの可変可能なパラメーターをエディットして調整していく必要はあります。   ピックアップとシールドの組み合わせ また、それぞれの出したいサウンドなども考慮するべきなので、一つのケーブルを推奨するということは大きな可能性を潰しています。おすすめがあったとして、ある人にとっては至高でも、ある人には最低ということが起こります。 これは残念ながら本当です。ビジネスは難しい(笑)と言わざるをえません。 また、特定のスタイルにとっては向いていないといった相性問題も起こります。たとえばコードを中心にストロークで演奏する人と、単音を絡めながらリフをメインにする人、カッティングを中心にしたスタイルの人では求めるサウンドに違いがあります。そのため、ある程度、機材も好みに寄せておくことが重要です。ベストなケーブルの選択は難しくてもベターな選択は間違い無く可能です。 ただし、最低限の品質は担保しておきたいところです。たとえば音が平坦になりダイナミクスを表現できないケーブルでは演奏性を悪くします。当然、ノイズについても同様です。 そうしたシールドを選択しないことは我々のようなカスタマイズを請け負うサービスにも責任の一旦があります。断線しやすいといった問題はその技術的な問題とプラグなどのトータルな選択の問題も大きくあります。そのため、そうしたケーブルやプラグはラインナップには加えず、お勧めしていません。 さて、話を本題に戻します。 まず選択のポイントとしてギター側で見る部分はピックアップです。使っているギターが主にシングルコイルかハムバッキングかで大きく変わってきます。 ピックアップではバッテリーで駆動するアクティヴピックアップという点ももちろん考慮してください。これでももちろん選択肢は変わります。 「ケーブルに悩みたくないならアクティヴ」という意見も見かけます。ある程度理解できますが、これは完全には承認はしかねます。やはりアクティヴピックアップでもケーブルの影響は少なくありません。アクティヴの場合、ケーブル選択ではハムバッキングでの選択に近いと考えてもいいかもしれません。 ケーブルの傾向 構造が変わればケーブルに同じ性格のものはありませんが、いくつか傾向があります。大きくは主に2系統といえます。そしてその間をとったものです。 パワー系 レスポンス重視系 バランス系 今までのケーブルが、このうちのどれかと違うものに当たると、ケーブルの変更によって驚くほど変わる印象を持ちます。 パワー系という言い方をしましたが、これは帯域それぞれの減衰が少ないタイプです。比較的音量が出やすい傾向にあるため、ここでは便宜的にパワー系と称することにしました。 多くの2芯ケーブルを2芯ともプラスに配線するとその傾向が強くでます。また1芯でもMogami3368や、人気のKlotzAC110などはバランス系に分類されますが、パワーも十分にあります。多くは重心が低くなる傾向にあります。 音の問題は相対的なものも含んでいるため少し複雑です。ケーブルは電気の流れを増幅させることはありません。そのため、その性格を作るのは減衰によって行われます。その中で減衰の少ないケーブルはミドルや低域成分が削られないためにハイが引っ込んで聴こえるということも起こります。必ずしもハイが少ないとうわけでもない可能性があるため、判断は少し難しいです。 (こうしたことは実際には周波数特性を測定しなければわかりません。こちらについては現在、資料を準備中ですので今しばらくお待ちください) レスポンス重視系は耳に聞こえやすい高音がしっかりと届く状態になるものです。たとえばMogami2524やCustom Audio Japan、Belden9778などがこの傾向にあります。 これらのケーブルを利用するとプレイヤーによっては「ピッキングした瞬間から音が耳に届く」という人さえいます。 これはシングルコイルのほうがこのメリットを享受しやすい傾向にあります。その分、腰高になる傾向があることもポイントといえます。 以下の表を見てください。 これは主にシングルコイルで横軸にレスポンス、縦軸に音質の特性を示しています。 高いほどドライな印象を受け、低いほど、柔らかく柔和なニュアンスがあります。 レスポンスのよいケーブルはハムやアクティヴの場合だと線の細さとして現れる場合があり、物足りない印象を受ける人も多くなります。   インピーダンスとサウンド アンプにローインピーダンスのジャックがついている場合、ローで入力することで、ケーブルの質感がすっかり変わることもあります。この場合、ハイで受けた時に帯域の広い範囲をカヴァーできるケーブルのほうが扱いやすいといったケースもあります。 その場合はたとえばMogami 2534が力を発揮します。Mogami 2534の評価が分かれるのはこうした使用機材などの違いにあると思われます。また、「もっさりしてるなあ」とシングルコイルのギターでは思っていてハムバッキングのギターに変えるとガラッと印象が変わることがあるのも、こうしたケーブルの特性とギターとの相性によるものが少なくありません。 また、ケーブルは長ければ長いほど抵抗値が大きくなるため、音質もたとえば減衰の影響があらわれしやすい高域が足りなくなってきます。その一方で静電容量の数値が低いケーブルはそうした影響を受けにくくなります。 選択の際にはぜひ参考にしてください。 材質と長さ ケーブルの性格を決める多くの要素は素材の材質と太さ、形状です。たとえば日本では定番とされ人気のCanareのGS6はシールドが編み込まれています。弊社での取り扱いはありませんがEX-Proも編み込みされたシールド線を採用しています。同じ国内メーカーでもモガミであれば横巻きのものが多く、これも質感に影響しています。また絶縁体などの素材と厚さ、そして芯線などの太さなど、その設計のすべてが変化する要素です。 ノイズ対策としては編み込みよりも横巻きのほうがよいという意見が多くあります。一方で編み込みのケーブルとしての耐久性の向上は思っている以上に強力です。 電気的な要素には通電と磁界の問題があるので、各メーカーがその辺りはいろいろ考えて製造しています。それぞれこだわって開発しているので、実は場面にあわせて使えばどれもすばらしいものです。また、そうした研究は世界的に行われ、日本のメーカーもトップレベルの製品を作るメーカーがあります。 この材質や設計によって傾向を作ります。音は好みに合うか合わないかが全てなので優劣を競うことは困難ですので、どのメーカーが優れているかということは難しい問題です。 一方で長さは抵抗値が大きくなるので、長いほど鮮やかさはなくなることになります。 たとえばスコット・ヘンダーソンはメインケーブルが1.5mしかありません。3m、5mと長くしていくことで音色が変わることを彼は避けているのです。長くなると抜けが悪くなるのは構造的にやむを得ないものがあります。 それでもこうした問題は種類によって差があります。長くなっても劣化が少ない種類のシールドもあるからです。静電容量の低い数値を示しているケーブルにはその傾向が強いです。押し並べてこの手のケーブルは中高域の押し出しが強いので、レスポンスを多少犠牲にしている感じはあります。その点、KlotzAC110やMogami3368は反応もよく、意外にギターを選びません。Oyaide Force 77はその点、シングルコイルのギターではもっさり感があります。これをハムバッキングのギターに変えると途端に生き生きするということが起こります。これは人気のBelden 8412なども近いかもしれません。 また、メッキや内部の構造物なども影響します。たとえばベルデン社のものはスズでメッキされているものが多く、これがドライな質感につながっていると考えられます。 プラグやハンダの要素 音の傾向はプラグやハンダでもアジャストは可能です。ケーブルそのものほど支配力はありませんが、要素を変えることは可能です。 そのため、プラグについては今後も品質に問題がなければ弊社では扱いを増やしていく予定です。ここでの基準は実際に演奏に使いやすいかを考慮しています。あまり取り回しの良くないものや壊れやすいものについては候補にしていません。(要望時のみ対応します) またどういったシチュエーションで使うのかを考慮し長さだけでなく、材質やストレートなのかL型なのかといった部分を選ぶと良いでしょう。ライブなのかレコーディングなのか、それとも主に自宅で使うのかといったことで鳴らす音量やサウンドも変わる場合があります。 私どもとの相談の中でプロのギタリストのほぼ全員が「実際にそれぞれの環境でケーブルを試したい」と発言します。それはそこで変化があることを彼らがよく知っているからです。 ハンダについても音色変化の要素となりますが、まだまだ検討の余地ありとして研究中です。今後の動きに期待してください。 シールド自体は消耗品とする向きもあります。しかし、もしかしたら修理して利用するという流れになるかもしれません。資源は有限ですのでそのあたりもしっかりと考慮しつつ、みなさんに楽しんでいただけるようにしていきたいところです。 最近ではワイヤレスのシステムも充実してきました。あのシステムは十分に使えます。しかし、ケーブルを選択することで音が変わるという体験をしてしまうと、その魅力の面白さに可能性を感じずにはいられません。いろんなケーブルをシチュエーションにあわせて交換してみると新たな世界が広がることでしょう。

続きを読む



ライヴでの機材トラブルを回避しよう〜その原因の多くはプラグ周り

すべてを台無しにする機材トラブル  ライヴなどで活動を続ける中で発生するともっとも途方に暮れることになるのが音が出ないというトラブルです。 特にその被害がもっとも多いのがエレクトリックギター、ベース、そしてキーボードです。もちろんヴォーカルマイクやドラムでもPAの様子がおかしいととても大変な状況に追い込まれますが、なんとかステージを続けることは可能です。 しかし、先にあげた楽器たちは非常に困難な状況に追い込まれることは間違いありません。 私自身はギターを弾きますが、機材でのトラブルで音がでないという場合、冷静に問題のポイントをライブ中に探しだして、正確な対処をすることは難しいことです。 以前参加していたバンドでライブハウスで借りていたアンプに問題が起こり、途中で全く音が出なくなったことがあります。その時にさっと別のアンプに変えるという判断ができれば良かったのですが、壊れているアンプをなんとかしようとしてなんともできないという状態になったことがあります。 完全に冷静な判断を失わせてしまうのがライヴ中の機材トラブルといえます。 機材トラブルの多くはシールドで起こっている ある調査ではこうしたトラブルの8割はシールドケーブルによるものです。もちろん楽器、アンプ、エフェクターなどトラブルが発生する可能性のある場所は複数あります。 その中でケーブルは可動域も多く、保護もされにくい部分ですのでどうしてもトラブルを生みやすくなるのは仕方がありません。 ケーブルの故障箇所としては大きく2点に分かれます。 一つはプラグの軸部の折れによる破損です。これは構造上、たとえばエフェクターに接続中に間違ってプラグの部分を踏んでしまったりして起こることがあります。これは決して操作ミスなどということではなく、ちょっとふらついた、見えてなかったなど、暗いステージでは意外に起こります。 時には他のプレイヤーがひきづってきたケーブルなどで場所がかわってしまい起こるなどという場面も少なくありません。 もう一つは無理な角度で引っ張ることによる接触部の断線です。これは外見上はまったく問題がないのに音がでない状態になります。これはうまく共晶化して接着した上手なハンダづけがされていても発生する可能性があります。また、使用の環境やハンダづけ時のヤニによって、金属部の酸化が進み脆くなってしまうこともあります。もちろんプラグそのものの品質で、たとえば接触部の金属が柔らかすぎたり薄いなどで動きやすいといったことも関係するかもしれません。 ケーブルはシースと呼ばれるゴムの内側に幾つかの線が重構造になって入っていますがそれぞれの構造物が接着されているわけではないので、中で動きます。また温度変化による収縮率も異なるため、外見上は問題がなくても芯線のハンダ部には大きな力がかかってしまうということは起こり得ます。あまり曲げすぎると断線するというようなこともありますし、角度が大きくなりすぎると抵抗値が大きくなって接触不良となることも少なくありません。   プラグ周りの強化の重要度は高い 「物理的な接触の一番多い箇所がもっともトラブルが多い箇所になる」ということは誰もが理解できると思います。 シールドケーブルは途中の箇所でトラブルことは少ないです。編み込みより横巻きのほうが弱いなどの意見もあるようですが、中間点で問題が起こることはめったにありません。それよりはやはり、プラグ周りのほうが発生頻度は比較になりません。たとえばプラグの根本でケーブルの角度がつくと負荷は高くなります。また角を押さえて引っ張る状態になるので、芯線にも負荷がかかります。 アプローチは2〜3cmですがあなどれません。当然、プラグのシース部分が柔らかく脆い、プラスを接続する部分が柔らかいプラグはトラブルが多くなるので、音質だけでなく、強度の問題はしっかりとプラグを考慮する重要な条件になります。 最近はSwitchCraftの模倣品が大量に出回っていますが、そうしたプラグを見てみると金属を薄くしたり、混ぜ物をしていたりで柔らかく加工し易いものが多くみられます。「なんでも同じ」と考える人も少なくありませんが、ことトラブルに関しては実はそうも言ってられません。 だから強化することを考えた そこで、音色のクオリティを維持しどうやったらトラブルが少ないのかを考えたのがSSHのケーブル制作です。ハンダ付の精度ももちろん影響しますが、その工夫が重要ということです。 この実験は、両端に同じRyenのプラグを同じ容量でハンダづけし、その上で一般的な加工と、SSHでの最終加工を施したものに同じように負荷をかけて状態を見るというものです。 ケーブル長は2mのものを使い、真ん中の部分をポールに固定して、プラグ側をひっぱりました。 大袈裟な実験設備をもってない(もってるわけない笑)ので、考え出した方法ですが、こんな実験はしてなかったのでいい勉強になりました。 やる前は最初にケーブルが切れちゃったらとか、両方断線したらとか、全然つまらないものになるケースも予想したんですが、わりと予測通りの結果になったので一安心です。 関係ありませんが大人が全力で5分ぐらい引っ張ってもケーブル自体は問題なかったです。Canare GS-6は強い!!! ちなみに5分も引っ張るのはけっこう大変で、疲労困憊しました、、、、、 ケーブルを長く使って欲しい ハンダに関しても、SSH自体は独自の考え方に基づいた制作を採用している部分もあります。 ソルダーレスについての意見もよく聞きます。あれは便利です。ただ、トラブルには弱くなるのではないかと思います。また、そのままの状態というのは酸化するという問題も孕んでいるので、どうしても寿命の問題が出てきます。ハンダにはしっかりと密封するという意味もあるのではないかと思います。 「シールドは消耗品」という時代はいずれ終焉を迎えるでしょう。長く気に入ったものをギターや機材に合わせてえらんでください。  

続きを読む