1st Choice for Guitar

1st Choice for Guitar


まずは何を選ぼうかと迷った場合に基準となるケーブルとプラグをご紹介いたします。

シングルコイルにはMogami2524

SSHではまず最初にこのMogami 2524とSwitchCraftのセットからスタートしてみることをオススメします。

特にフェンダー系のギターなどではその効果に驚かれることも多くいます。ギラっとしたハイの煌めきとバランスよく中低域の肉付きが、ギターと演奏者の一体感を生み出すことでしょう。

その分、演奏者のテクニックを映し出すため、ごまかしは効かなくなります。そのため、本番用以外に練習用として活用するプレイヤーもいます。

他のケーブルを利用されている方も一本持っていると何かと利用できる場面も少なくありません。

ハムバッキングやハコものにはKlotz AC110

ハムバッキングやハコもの、アコースティックにはKlotz AC110もおすすめです。

このケーブルは味付けがないので、そのまま演奏者の意図が反映されやすいケーブルです。シングルコイルでは個人的にはベストマッチと言い難く、モコモコして気になります。これがハムバッキングや箱物ではガラっと印象がかわります。

帯域の減衰に味付けがないため、そのまま使うと物足りない印象を描く人も少なくありません。しかし、エフェクターの利用やポストプロダクションに入った途端に、その印象は一変するでしょう。ノイズが少ないのもアピールポイントです。